夫婦メンバーインタビュー#04




目次



夫婦メンバーインタビュー④ 木村よしきさん・奈保子さんご夫妻

熱海で美容室を経営している木村よしきさん・そのサポートとタロット占いをされている奈保子さんご夫妻。一度退会し、再入会を経験したよしきさんのお話、そして子育てや家庭と PROGRESSをどう両立させているのかについて詳しくお伺いすることができました。

プロフィール

木村 よしき

静岡県熱海市在住、2019年4月入会、 同年11月に一度退会し、2020年5月に再入会。

美容室を経営。シャンプーソムリエとしてYouTubeチャンネル運営中。ニックネームは、よしきぃ。

木村奈保子 2020年6月入会、 美容室アシスタント兼タロット占い師。ニックネームは、なほち。

■入会のきっかけ

──まず、よしきぃの入会のきっかけを教えて頂けますか?

よしき: 僕が入会したのは中田さんのラジオ番組が終わったタイミングで、もうちょっとあっちゃん の事を見たいなと思って入会しました。ただ、当時はオフラインのイベントが盛り上がっていて、なかなか参加する事が難しくて寂しかったのと、YouTubeを頑張ってるあっちゃんや他のメンバーと自分を比べてしまうのが辛くて、一度退会したんです。 でもその後も、仲の良かったPROGRESSのメンバーがお店に会いに来てくれた事もあって、気にはなっていたんです。そんな中、僕は西野亮廣さんのサロンにも入ってるんですけど、西野サロンにもPROGRESSにも入ってる方がお客様としてお店に来てくれて、地元でそういうお客様に出会えたことで、オンラインサロンがだいぶ浸透してきてるんだなと感じて、再入会しました。


──では、よしきぃが、なほちを誘ったきっかけは何だったんですか?

よしき: 入会前の僕って、本当に人付き合いが苦手だったんですよ。これまで、「YouTubeの為の撮影」 はしていたんですけど、「コミュニケーションをとる為の発信」っていうのを全くしてこなかった。でも、中田さんが「こうやって笑顔で手を振っていたら怖くないですよ~」という風に、どうやったら仲良くなれるかを実践してくれていたので、僕もだんだんそのやり方が分かってきました。 それにPROGRESSは、誰もチャレンジの邪魔をしないし優しく教えてくれるので、「これなら妻に紹介しても一緒に楽しめるかもしれないな」と思って誘いました。妻も僕と一緒で友達を作るのが 苦手だったので(笑) とは言え、最初は渋ってたんですけどね。 ──その辺り詳しく聞かせて頂きたいですね。なほち、どうですか?

奈保子: よしきぃがPROGRESSに入会する事自体は、私は特に抵抗はありませんでした。私も 「オンラインサロンって何だろう」と思っていたので、主人を通してどんなものか見てみたかったっていうのもあります。 私自身が最初入会をためらっていたのは、よしきぃのオンラインサロン内での付き合いを邪魔しちゃいけないかなっていうのがあったからなんですよね。なんとなく、活動を制限させてしまうんじゃないかなって遠慮してたんです。楽しそうだなっていうのはずっと感じていました。よしきぃの笑顔も増えたし。 それと、こっそりPROGRESS TV(※)の配信を見ていて、メンバー同士がコメントで楽しそうに交流をしているのが羨ましかったんですよね。私、友達が欲しかったんです。3人の子育てをしていて、結構孤独じゃないですか、主婦って。 だから、私もやってみたい!って思ったんです。

PROGRESS TV:メンバーが自由に生配信ができるグループ

──なるほど、遠慮してたんだ。 今、「パートナーと一緒にPROGRESSを楽しみたいけど、どう誘ったら良いか分からない」っていうメンバーもいるみたいなんですけど、誘われた側のなほちから見てよしきぃの誘い方はどうでしたか?

奈保子: そうですね、私はもともとPROGRESSに興味はあったんです。しかもよしきぃがめちゃくちゃ楽しそうに笑ってるので、すごく気になって。今までよしきぃが、YouTubeの撮影をする事はあっても、ニヤニヤしながらコメント打つなんて見たことなくて(笑)

だから、その姿を見るだけで、 PROGRESSって楽しい所なんだなと思いました。 その上で、よしきぃが「楽しいよ、やってみたらいいのに、すぐ友達出来るよ、何かあったら俺がいるし、大丈夫だから、怖くないから」って毎日少しずつ言ってくれて、私はまるで野生動物が餌に近づいていくみたいに(笑)、ちょっとずつ安全を確認しながら、気付いたら見事に餌付けされてた、って感じで入会しましたね。

よしき: ちょっとずつ小出しに言ってた、っていうのが良かったのかもしれませんね。


■PROGRESSを通じて変化した事


──ご夫婦でPROGRESSメンバーになった事で、お二人の間で何か変わった事ありますか?

よしき: 二人で話す共通の話題が増えましたね。 妻が入会するまでは、僕だけがオンラインサロンの知識を得ていたし、妻は妻でTwitterをしたりインターネットを見たりと、結構違う事をやっていたので、家庭内でそんなに話す事もなかったんです。それが今は、「今度誰々と会う事になった」とか、「誰々とこういう事しようと思ってる」とか、 共通の話題がすごく増えたので、コミュニケーションも自然と増えましたね。


──すごく良いですね。なほちはどうですか?さっき「よしきぃの笑顔が増えた」っておっしゃってましたけど。

奈保子: そうなんですよ。PROGRESSに戻る前のよしきぃは、毎日眉間にしわ寄せてましたもん (笑)辛そうにしてた時もよく見ていたので、良かったなぁって。本当に。

よしき: PROGRESSに再入会する前は、本当に辛い時期で。僕が一応家族の長なので、俺が戦場で戦って結果を出さなきゃ、みたいな、謎の「何者かにならなきゃマインド」に囚われてたんですよね。YouTubeの編集しながら寝落ちしたり、追い込まれてて。とにかく必死だったんですよね。

奈保子: 私もその頃は、3人の子育てにいっぱいいっぱいで。それに、私は美容師じゃないので、 よしきぃの悩みを共有できないというか、多分よしきぃも「言ってもわからないだろうな」って感じてたと思うんです。

よしき: 僕も、なほちの悩みに対して、僕が共感する事で解決する問題もあったと今では思うんで すけど「解決しない会話に割く時間は無い」ってあの頃は考えてたんですよ(笑)それくらい切羽詰まってたんですよね。それがお互いを分離させてたっていうか。 だからPROGRESSに戻ってきてからは、それまでやっていたYouTubeもブログもSNSも1回全部止めて、夫婦の時間を作るようにしたんです。ほんとに、生活の90%くらいを外部への発信に向けてたので。 それに、夫婦って、夫婦と言えども別の人間じゃないですか。でも、近過ぎるので自分と同じだと混同してしまいがちと言うか、つい同じ目線で見ちゃってたんです。何でこんな事が出来ないんだ、って思っちゃう事があったんですよね。 でも、PROGRESSは本当に色んな人がいて、それでも個人を尊重しているというか、自分と違うっていう事を変な目で見ない、みたいなマインドがすごく強いと感じていて、それって夫婦間でもめちゃくちゃ大事だなって思ったんです。妻や子供と、僕って、違う所があって当然なので、変に自分の考えを通さないように意識するようになりましたね。

奈保子: そうそう。最初は、よしきぃのあまりの変化に戸惑いましたもん(笑)


──そんなに変わったんですね(笑) 奈保子: でもすぐに理解出来ましたよ。PROGRESSから良い影響を受け取ってるんだなぁって。 ──なんかよしきぃ、ちょっと顔赤くなってません?(笑)

よしき: (笑) いや、すごく大事な事だなぁと思ったんですよね。たまに忘れちゃうんですけど。

でもPROGRESSで皆の配信やつぶやきを見ていたら、また思い出せるというか、そういうマインドをセット出来るんです。

奈保子: やっぱり余裕が無いと視野が狭くなって、思ったことをワッと口に出しちゃう事ってお互い にあると思うんですよね。子供に対してもそうで、頭ごなしに叱っちゃう時もあったんですけど今は「こういう所もあるけど、そんなあなたが好きよ」と言えるように努力しています。


■夫婦でPROGRESSを楽しむ上で気を付けている事


──お二人は、仕事や家庭もありながら、PROGRESSもすごく楽しんでる様に見えますけど、その辺りのバランスってどういう風に取っていますか?

よしき: 最初は、PROGRESSの方をだいぶやり過ぎちゃってました(笑)。配信のコメントもめちゃくちゃしていたんです。もちろん楽しかったからなんですけど、どこかで「発信し続けなくちゃ相手にされない」とも思ってて。 でもこれはあんまり良くないなぁと感じ始めて「1ヶ月くらい配信やコメントを休みます」って宣言して、実際に休んでみたんです。それでも、皆認めてくれたし、あ、何もしなくても全然大丈夫だ、って気付いたんですよね。それからは上手くバランスを取れるようになりました。仕事の時はPROGRESSは見ない、子どもと過ごしてる時も見ない、みたいに区切りをつけて。


──なほちは、子育てしながらPROGRESSを楽しむ工夫ってされてますか?

奈保子: 私は、自分の配信や、興味のある授業のZOOM観覧(※)の時は、よしきぃに子供を任せて、 一人でお店に来てます。子育てって、最初の頃は、全部私がやらなきゃって思い込んでたんですけど、よしきぃが提案してくれて、今はそんな風にPROGRESSの時間を区切ってますね。

※Zoom観覧:YouTube大学の収録をZoomで観覧すること。収録後はZoomにて質問や感想を直接中田さんに話すこと ができる

よしき: 僕が結構PROGRESSを楽しんでたので、妻には僕と同じように楽しんで欲しいって思っちゃうんですよね。妻が楽しんでくれてる方が僕は幸福度が高いので。

最近は妻が一人で東京へ行って、カレス(※)に行く事も増えました。まぁ、僕が外に出たくないってのもありますけどね。静かに暮らししたいんですよ(笑)

※カレス:PROGRESSメンバーがオーナーのカフェ

──(笑) いやぁ~色々な話をありがとうございました。



インタビュアー:川窪昭子

ライター:間宮まさかず